「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

  • お問い合わせはこちら
  • 24時間以内に
    ご返信いたします
    *土日祝は除く
メニューを開く

LINE公式アカウントで『理想的なお客様』からの問い合わせを増やすコツ

投稿日:2021.09.23

「A4」1枚アンケート アドバイザー、愛知支部の片桐 達朗です。
先日、クライアント様からこんなご質問をいただきました。

「来てくださるお客様が、私の価値観に合わない人ばかりなんです…」

これは切実な悩みですよね。 この記事の中では、改善のアイディアやワークもご紹介しますね。

【この記事がオススメな方】こんなお悩みはございませんか?

  • LINE公式アカウントからサービスのお問い合わせに繋がっていない。
  • 読者の反応が見えず、このままの発信でいいのか自信がない。
  • 自分の価値観に合わないお客様ばかり来て疲れてしまう。

この記事を読み、すぐに実践することで、次のようなことがわかります。

  • 見込み客から、サービスのお問い合わせが入るようになる。
  • 自分の価値観に合ったお客様を引き寄せることができる。
  • サービスを提供するのがますます楽しくなる。

「校長先生」のスピーチが退屈なわけ

あなたは学生時代に、
校長先生のスピーチが退屈だ
と感じたことはないでしょうか?

いきなり校長先生の話?
LINEとどう関係するの?
と思われた方。

大いに関係あります。

実は、この部分に
今回もっとも伝えたいメッセージを込めています。

少しだけお付き合いください。

あなたの 周りを見渡すと、
うとうと眠っている学生も多かったかもしれません。

なぜ、校長先生の話は
あれほどまでに退屈だったのでしょうか?

ぜひ考えてみてください。

メッセージが「私には関係ない」と思われないために

校長先生のスピーチが退屈な理由…

考えていただけましたか?

その理由は、
「全校生徒の皆さん」に向けた話だからです。

生徒(聴き手)は、
ひとりひとり興味や関心や異なります。

ところが、
それらを考慮せずに、
「全校生徒の皆さん」と
一括りにしてしまうと、

生徒は「自分には関係ない話」と感じてしまうのです。

「みんな」へのメッセージは、
誰にも響かないメッセージになります。


むしろ「お説教臭く」なります。

これは校長先生のスピーチだけの話ではありません。

発信者が増えてきた
LINE公式アカウントでも
同じ問題が起きています。

ここまで読んで、
もしあなたが
「『校長先生のスピーチ化』してなるものか!」と思われるのなら、
ぜひ、この記事を最後まで読んで実践してください。

ワークもありますよ。

あなたのアカウントは読み手の「悩み」や「欲求」に応えていますか?

あなたのアカウントが
『校長先生のスピーチ化』しないためには、

読み手の「悩み」や「欲求」を知り、
それに応えることが大事です。

LINE公式アカウントの読者は、
何らかの「悩み」や「欲求」を持ち、
解決や実現方法を求めています。

実際、あなたが誰かのアカウントに登録する時を
思い返してみてください。

「〇〇が知りたい」とか「〇〇を解決したい」と思って
登録することが多いはずです。

そして、
あなたの気持ちに応えてくれる
アカウントには親近感が湧いたり、
「この人からサービスを購入したい!」
という気になるのではないでしょうか?

あなたも、
読者の「悩み」や「欲求」に応えるような
情報発信をしてみてください。

では、
どうしたら読者の「悩み」や「欲求」が
分かるのでしょうか?

方法は2つあります。

方法1「あらかじめ理想の読者を想定する」

LINE公式アカウントの理想の読者とは、
サービスを購入してくれそうな「理想的なお客様」のことです。

そして、その方は
できれば架空の人ではなく、
実在の人物にしてください。

これまでに
あなたのサービスを
購入してくだったお客様を思い浮かべてください。

次にその中から1人、
「理想的なお客様」を選んでください。

・あなたの活動を心底、応援してくれている
・思い浮かべるだけで嬉しくなってしまう
・クライアント全員がこの人のようだったら、
寝る時間を惜しんで働ける
というお客様が1人くらいはいないでしょうか。

では、その人のプロフィールを書いてみましょう。
(実際にコンサルティングで使っているワークシートです。)

まず、ペンと紙を取り出して、
下の項目をすべて書き出してみてください。

いかがですか?

ワークシートを見るだけで、
そのお客様の姿がありありと想像でき、
嬉しくなってしまう、、、

そこまで書き上げることができたら
素晴らしいですね。

なお、完成したものを
日にちを置き、
納得のいくまで書き加えるのもおススメです。

方法2「アンケートを使って『理想的なお客様』の購入心理を丸裸にする」


次の方法は、
「理想的なお客様」がまだ分からない場合、
ぜひ試していただきたい方法です。

それが、「A4」1枚アンケートです。

お客様に「5つの質問」に答えてもらうだけで、
お客様があなたのサービスを
購入するまでの『購買プロセス』が手に取るように分かるようになります。

一見難しそうに聞こえますが、
実は、この「A4」1枚アンケート、
マーケティングに詳しくない方でも実践できるのです。

Amazonで本も販売しておりますので、
ここまで記事を読んで頂いた方には、役に立つと確信しています。
ぜひご覧ください。

また、もっと本格的に事業に活かしたい!と思われた際には、
「A4」1枚販促アンケートのアドバイザーにぜひご相談ください!
様々な得意分野を持ったアドバイザーが、あなたのお話を伺います。

その他お役立ち情報



◆直近のセミナー情報

2021年9月23日(木)愛知県第24回「A4」1枚アンケート実践勉強会inアッシュデザインのお知らせ


◆アドバイザー資格に関心のある方へご案内

「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーになって
良い商品をもっているにもかかわらず、上手く伝えられなくて困っている人を
私たちと一緒にサポートしていきませんか?

 成功事例発表会開催のご案内(アドバイザーの資格に関心がある方向け)

 認定アドバイザー資格取得&試験のご案内



◆メルマガ登録

集客に役立つ情報を配信中
「A4」1枚アンケート販促アンケート
広告作成アドバイザー協会のメルマガに登録するにはこちら


この記事を書いた人

「A4」1枚アンケート アドバイザー
先生コーチング 代表 片桐達朗

SNSを使った「1対1のコミュニケーション」によりファンづくり・売上UPを支援する『LINE公式アカウント』コンサルタント。7年間の高校教員経験から、誰にでもわかる説明で、「できる」に変えてしまうサポートに定評がある。
片桐達朗のFB

  • 全国の開催日程を確認をする
  • 広告作成アドバイザーの派遣を依頼する
  • 近くの広告作成アドバイザーを探す
  • 認定資格の取得を目指す

お問い合わせ窓口

ページTOPに戻る

©2017 「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

お問い合わせ窓口