「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

  • お問い合わせはこちら
  • 24時間以内に
    ご返信いたします
    *土日祝は除く
メニューを開く

「美しい言葉」ではモノは売れない|販促本を読んで売上をあげるための現実的な話

投稿日:2022.05.14

片桐かほり

「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会 京都支部の片桐かほりです。広報(メディアPR)やSNS・自撮り動画活用 など 「比較的効果が早い方法」を積極的に取り入れています。中でも、過度にアピール感を感じさせない表現の《はんなり販促》が得意です。

自力で売上を上げたい人の現実的な話

今回のブログでは、岡本達彦先生の《「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法 ※以下「A4販促本」とします》 を読んで自力で広告やホームページを作成したい!という方に向けて、実際どうすれば成果を出すことができるか、ということについてお話したいと思います。


販促関係の本は沢山出版されていますし、更にそれをもとにしてチラシやホームぺージを作成することもできます。しかし現実問題、それに挑戦して1回で大きな成果をだすことは正直なところ「稀」です。


確かに「勘所の良い方」は1回で本当に売れるホームページを作成される方がいらっしゃいますが、私の個人的感覚では40名中3名程度、つまり7.5%程度だと思っています。
(そもそも本を読んだだけでは実行に移せない本もたくさん存在していますが)


販促本で売上をあげるための話

なぜ販促本を読んで売上アップを一発で実現できないのか

なぜなら販促のポイントは 「A4販促本」 を読んで頭で理解できると思いますが、それはあくまでポイントの話です。
自分の顧客層の購買琴線に触れる言葉を的確に選択するのが難しいからだと思います。


例えば、「お顔のたるみが気になる40代以上の女性向けの美容液(¥40000/本)」を販売するホームページを自力で作成するとします。

「A4販促本」 を読んで実際に購入してくださった顧客に対してアンケートを取ったうえで本に書かれていることを実践していきます。

ターゲットコピー
キャッチコピー
裏付けとなる証拠
他社にない強み
商品情報
リスク対策
行動喚起


この流れの通りに1つ1つのコンテンツが固まってきます。

もちろん本に書かれている通り、各コンテンツの言葉の正解は「自分で考えない。顧客に聞く」という姿勢であることは基本的に重要ですが、ここからが勝負処なのです。

「美しい言葉」ではモノは売れない

ここで「キャッチコピー」を考えるとします。

お顔のタルミが気になる女性に向けてなので、

単刀直入に
「お顔のタルミが気になるアナタへ」
としておきます。


次にアンケートのQ5「商品を使ってみていかがでしたか」で多数得られたと仮定するキーワード「自信がついた」からキャッチコピーを考えます。(薬機法の件は無視してください)


A案
自信をもって輝く未来を切り開きませんか


B案
4か月で10年前のあなたに戻って自信を取り戻しませんか




A案、B案
あなたはどちらを選びますか?


A案
なんとなく希望がもてそうに思えますが商品を購入した後の自分の状態がわからず購入検討モードになりにくいです。 「自信がつきました」という感想は比較的よく見受けられますが、この言葉を使用するなら具体的な何かをプラスして使わなければ顧客の心をくすぐることはできないでしょう。
「輝く未来」という言葉は一見すると美しい言葉ですが具体性がなく購入意欲は起こりにくいです。


B案
「自信」という言葉とともに、どのくらいの期間でどう変化するのかが明確にわかるため購入検討モードになりやすいです。


A案、B案ともにアンケートから得られた言葉であっても反響に差が開きます。
こういう言葉の選び方ができるか否かが大事なところなのです。


このようなことが最初からできる人はまれで、できない人はトライアルアンドエラーを繰り返す必要があります。
ご多分に漏れず私もそうでした。

また顧客層によって適した言葉が違うため、その顧客層をターゲットとした雑誌があれば言葉の使い方などを参考にするのもよいでしょう。ただしアンケート結果で得られた言葉から逸脱しないように気を付けたいところです。

努力は実る

反響がでる広告やホームぺージを得るためにトライアルアンドエラーを繰り返す作業は正直つらいところもありますが、それを行うことで「売れる広告」を作れるセンスが磨かれることは大きな資産となるでしょう。

努力は実る。

しかし悠長に構えていられない、早く結果が欲しいという方は全国に協会のアドバイザーがおりますのでお気軽にお声をかけてください。コンサルティング料はかかりますが、その費用対効果を実感していただけると思います。


今回は、販促本を読んで反響がでる広告を作成したいのなら「美しい言葉」を使わずに顧客の声を反映しつつ言葉のセンスを磨くことが必要というお話をさせていただきました。

お読みいただきありがとうございました。ご参考になりましたら幸いです。



文中にでてきた 「A4販促本」 はこちらです。
サクサク読み進めていけますのでぜひご一読されてはいかがでしょうか。

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!

こちらの本を読んでも難しいということであれば、全国各地にいる「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーへご相談ください。

アドバイザーにはそれぞれの得意分野があります。あなた様のビジネス、悩みに合ったアドバイザーがきっと見つかるはずです。その際はお気軽にご相談ください。
「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザー一覧
https://a4kikaku.com/advisers/

※ご案内※

◆アドバイザー資格に関心のある方へご案内

「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーになって、「良い商品をもっているにもかかわらず、上手く伝えられなくて困っている人」を私たちと一緒にサポートしていきませんか?

認定アドバイザー資格取得&試験のご案内


◆新刊のご案内

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 716VNCL4gmL-207x300.jpg

「A4」1枚チラシで今すぐ売上をあげるすごい方法 「マンダラ広告作成法」で売れるコピー・広告が1時間でつくれる!
絶賛発売中!



◆毎月 販促成功事例が届くメルマガ



  • 全国の開催日程を確認をする
  • 広告作成アドバイザーの派遣を依頼する
  • 近くの広告作成アドバイザーを探す
  • 認定資格の取得を目指す

お問い合わせ窓口

ページTOPに戻る

©2017 「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

お問い合わせ窓口