「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

  • お問い合わせはこちら
  • 24時間以内に
    ご返信いたします
    *土日祝は除く
メニューを開く

販促:電話・オンライン営業を強化するIT活用

投稿日:2022.05.17

大阪府で「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーをしております、
IT経営相談所の岡室と申します。
僕はIT企業を経て 金物の製造・卸をしている 中小BtoB企業に勤め、
ITと共に マーケティング・営業の担当をして まいりました。
中小企業で経営サイドにいた件もあるため幅広く対応させていただいています。
中でも上記の経験からBtoB企業でのアンケート活用とITによる仕組み化が得意です。
貴社のビジネスを理解した上でご提案させて頂きます。

はじめに

最近ワーケーションを再開しました。
僕はマーケティング以外にIT関連の仕事もしています。以前関西IT百撰という団体より年度の最優秀賞に選んで頂いたことがあり、その経験を元に本拠地である大阪以外に香川県や愛媛など様々な都道府県で活動しています。

「折角行くなら楽しまないともったいない!」ということで仕事前後で観光をしたり、名物料理を食べに行ったりしています。(もちろんコロナ対策はしっかりしております。)お客さんのことを知るためには土地のことも知っておきたいですし、会話のきっかけになるネタも見つけられます。
最近はネットワーク環境さえあればホテルやコワーキングスペースで打合せも出来ますので楽しく仕事できる環境にもなってきたのかなと思います。

今月以降、岩手、福島、新潟、群馬、島根、愛媛、高知、沖縄等を予定しているので何か楽しい情報があったら教えてください!

さて、僕はIT企業を経て金物の製造・卸をしている中小BtoB企業に勤め、ITと共にマーケティング・営業の担当をしてまいりました、そのときの経験を元にIT、そしてマーケティングを中小企業経営に活かして頂くためのご支援をさせて頂いています。

これまでのブログでは、自社がお客様にどう思われているか興味があるけどアンケートを取るか迷っているBtoB企業の方へなど、BtoB企業での活用の必要性や仕組み化等について書いてきました。

 
過去の僕のブログ は こちら です。

振り返り

前回は お電話でお問い合わせされたときの一工夫 というタイトルで、お問い合わせフォームについてお伝えしました。
電話でのお問い合わせの受け答え=トークが担当者任せになっていませんか?ということでトークスクリプトという手法についてお話ししました。
前回書いたように98%の営業員が練習をしていないと言われています。人によって聞く内容や項目が違うと必要・適切な情報が蓄積されません。
その項目に「A4」1枚アンケートの手法を使うと、よりよい情報が撮れるというお話しですので、もしまだ読んでない方は読んでみてくださいね。

電話・オンライン営業を強化するIT

コロナによってテレワークを余儀なくされた会社が多々あります。
多くの方が苦しむ中、あえてよかったことを言うと、テレワークなどの必要性からITツールの進化や導入しやすさに変化が起きました。
以前なら何かシステムを導入しようとしたら、初期投資の費用が課題になることが多かったのですが、最近はクラウドという仕組が発達し、サブスク(サブスクリプション=Subscription)という考え方が広まって、初期投資をあまりかけず、月額費用だけで様々なシステムを導入することが出来ます。
その中で、今回はCTIについてお話しします。

CTIって知ってますか?

CTIとはComputer Telephony Integrationの略称で、電話とコンピューターをつなぎ、それぞれが連携して動作するように統合・制御する技術、またはシステムのことを言います。
最近では電話だけではなくオンライン営業の音声データも同じように連携させるというようになってきています。

コールセンターでは結構前から使われているのですが、テレワークになって日々の営業活動が見えなくなってしまった面があり、一般の企業でも導入する企業が増えています。

CTIで何が出来るの?

CTIには様々なものがあるのですが基本機能は以下の通りです。
 1.通話時に顧客情報・履歴を表示してスムーズな電話をサポート
 2.対応履歴の記録
 3.電話応対の品質改善に役立てるための録音
 4.画面からのワンクリック発信

最近のトレンドでは3.の電話対応の録音が人気です。
今ではもうAIを使った文字おこし機能を備えてるものもあります。
通常報告には入力の手間がかかるわけですが、会話内容が文字おこしされれば要約すればいいだけなのでとても楽になります。

他にも自社とお客様のやりとりの時間配分や、感情を読み取って分析するようなものまであるんです。
ちょっと怖い気もしなくはないですが(笑)


で、本題として何が言いたいかというと、1.の機能で前回お話ししたトークスクリプトも含まれていることがとても多いということです。
元々コールセンターで使われていたものが一般企業向けになってきているので手に入れやすくなってきているわけなんです。

それが電話だけでなく、ZOOMなどのオンライン営業にも対応出来るようになってきています。

また1.の機能で過去の 「A4」1枚アンケート の結果を見ながらお話しするなんてことも可能です。

社員のみんながこんなシステムを使って、お客様と適切なやりとりができ、内容が記録されていったら・・・。


とてもいいと思いませんか?

そんな機能を備えているシステムをいくつかご紹介しておきます。
個別の説明は長くなってしまうので今回は割愛します。
詳しく知りたい方はお問い合わせください。

ピクポン ( pickupon株式会社 )
https://service.pickupon.io/

カイクラ(株式会社シンカ)
https://kaiwa.cloud/

MiiTel(株式会社RevComm)
https://miitel.revcomm.co.jp/jp/

何を聞くか

とはいえ大事なのはどんなやりとりをするかです。
前回は電話かかって来た場合をイメージして「A4」1枚アンケート の考え方で下記の2点がお勧めと書きました。

質問1 の 悩み事・お困り事 
質問2 の どこで知ったのか

しかし、かかってるのか、かけるのかでも項目は変わってきます。
目的を決めた上でどんな風に話すかを考えないといけません。

あらゆる販促を成功させる「A4」1枚アンケート実践バイブル
のP32に こんなことが書いてあります。
(「A4」1枚アンケート は)「お客様の購入プロセスに沿った順番になっている」

目的とプロセスをはっきりしておくとより効果的に営業活動が出来ます。

「A4」1枚アンケート は色んな場面で応用できますので是非ご活用下さい。

最後に

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

僕は毎月17日に発信させて頂いています。
今後も何かお役に立てる情報を提供したいと考えています。ぜひまた読みに来てくださいね!

  

そもそも「A4」1枚アンケ-トって何?という方はこちらの書籍をお読みください。

 

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法  岡本 達彦氏 

あらゆる販促を成功させる「A4」1枚アンケート実践バイブル 岡本 達彦氏

◇販促でお困りの方へ

あなたの地域のアドバイザーにお気軽にお声がけください。

https://a4kikaku.com/advisers/

※ご案内※

◆好評につき第2弾開催決定!

商品やサービスのチラシを作りたいけど、誰に・何を・どう伝えればいいのかわからない方に『マンダラ広告作成法』シートを活用して、たった1時間で「A4」1枚チラシの広告原稿を完成させるコンサルティング(通常 90分 66,000円)を無料にて開催します!

詳細とお申込は、下記からご覧下さい。

「A4」1枚チラシ原稿作成オンラインコンサルティング無料キャンペーン

◆毎月 販促成功事例が届くメルマガ

◆アドバイザー資格に関心のある方へご案内

「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーになって、「良い商品をもっているにもかかわらず、上手く伝えられなくて困っている人」を私たちと一緒にサポートしていきませんか?

認定アドバイザー資格取得&試験のご案内


◆新刊のご案内

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 716VNCL4gmL-207x300.jpg

「A4」1枚チラシで今すぐ売上をあげるすごい方法 「マンダラ広告作成法」で売れるコピー・広告が1時間でつくれる!
絶賛発売中!

◆メルマガ登録

集客に役立つ情報を配信中
「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会のメルマガに登録するにはこちら

  • 全国の開催日程を確認をする
  • 広告作成アドバイザーの派遣を依頼する
  • 近くの広告作成アドバイザーを探す
  • 認定資格の取得を目指す

お問い合わせ窓口

ページTOPに戻る

©2017 「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

お問い合わせ窓口