「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

  • お問い合わせはこちら
  • 24時間以内に
    ご返信いたします
    *土日祝は除く
メニューを開く

【起業する方向け】お店や広告物の雰囲気、統一してみませんか?

投稿日:2021.06.20

こんにちは!

「A4」1枚アンケート アドバイザー、沖縄支部の大島 やすほです。

今回は、

【起業する方向け】お店や広告物の雰囲気、統一してみませんか?


という題目で書かせて頂きます。

やりたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない…と思ったそこのあなた、ぜひご覧ください。


【起業する方向け】お店や広告物の雰囲気、統一してみませんか?

【起業する方向け】お店や広告物の雰囲気、統一してみませんか?

1.お店や広告物の雰囲気、統一するには?

事業者の皆様自身が、まず自分たちのブランドを明確化することが大切です


どんなお客様に来てほしい?そのためにどんな色を主に使っている?その他は?

どんなお客様に来て頂きたいのか、どんな体験を得て頂きたいのか、を
決める事から全てが始まります。

○○の色が好きだから、ではなく、
ターゲット(どんなお客様に来て頂きたいのか)と合うデザインに絞っていきましょう。

「げー、しんどそう!」
そんなお顔が見えるようです。(と推測)

確かに地道な面はありますが、すごく楽しいですよ!まずは続きをごらんください。

ブランディングのたたき台!イメージボード作り

【イメージボードとは?】

ブランディングの初期に作成すると便利な、
画像1枚のコラージュ(社内向け)です。

テーマに沿って画像を収集し、
メリハリをつけて並べることでブランドの持っている
言葉だけでは理解できない魅力を、
感覚的に理解する時に役立ちます。

例えば、インテリアやファッション、映画等の業界ではよく使います。

▼インテリア参考例

黄色と緑と茶色、落ち着いてるけど明るい感じ、ナチュラル、
柔らかい素材感、手書きのデザイン

▼ファッション参考例

基調色はティファニーカラー、そして白、女性らしく可愛い感じ、光沢感とキラキラ、高級感のある文字

など、画像をぱっと見て、
言葉にせずとも印象が理解出来たのではありませんか?

イメージボードを作る理由


言葉にせずとも印象が一瞬で理解出来る、
これこそが、イメージボードを作る最大の理由です。

デザインの基準点を、簡単に作成出来るし
難しい言葉は不要で、イメージを他人と共有出来るのです。

イメージボード(またはムードボード)は、プロジェクトの一番最初に、
要件に合わせて画像や素材を寄せ集め、イメージのたたき台として使用するのです。
今回は、このイメージボードとお客様のアンケートを絡めて、
「お店や広告物の雰囲気、統一する」為のイメージボードを作成する方法を解説してまいります。


1.「楽しそう!わくわくする!」
2.「えっ出来るかなあ?不安…」
3.「そんな事はやりたくない!絶対にだ!」

この時点で三者に分かれるかもしれません。

1.と2.の方は、引き続き記事をごらんくださいませ!
3.の方は、私(大島)が作るのでご依頼ください(笑)

2.独りよがりにならないポイント:アンケートを活用する

今回作る、イメージボードの完成形


まずは、イメージボードの完成形からお見せしますね。
こんなものを作ります。

設定

海沿いにあるホテルのイメージボードを作成

アンケート結果


▽予約前どんな状況だったか
足の悪いおばあちゃんも楽しめる、バリアフリーで
料理の美味しいホテルを探していた。


▽このホテルにした決め手
・バリアフリー
・無農薬の県産野菜を使った朝食が人気
・ビーチへは徒歩10分


▽ご感想
朝食が魅力的で、バリアフリーで移動しやすく配慮がある。
おばあちゃんを喜ばせたくてここに宿泊を決めたが、大正解だった。
大人たちが温泉でゆっくりしている間に、子供たちは海で遊ぶことが出来た。朝食も期待通りで大変美味しく、満足。
今年の夏のいい思い出になった。
暑かったので、次はまた秋ごろに来たい。

イメージボード

イメージボード

どうでしょう、このホテル、行きたくないですか?
私は行きたいです。

これだけで広告が作れそうなほど、イメージが伝わりますよね。

 

自分がやりたいものだけになっていないか?アンケートで客観性を保つ


今回は起業したばかりの方向けの記事なので、
お客様からアンケートを頂くのは難しいかもしれません。

ただ、このイメージボードは「A4」1枚アンケートの手法を活用しつつ作成すると、
客観性が失われないボードが作れます。

「A4」1枚アンケートとは?


「A4」1枚アンケートは、
また来て欲しいお客様から、ノウハウに沿った質問でご感想を頂き、
簡単に広告物の原稿を作ってしまう方法です。

まずは、こちら
「A4」1枚アンケートのPOP自動作成システムを使って、
自社の強みを具体化してみてください。
(無料です / 特に登録も要らず、すぐ使えます / 出血大サービス)




いかがでしたか?
概要は、
初めてのアンケート作成!集客に役立つアンケートとは?
でも紹介していますが、
「A4」1枚販促アンケートのノウハウは本として出版されています。

POPが作成出来たら、
その商品やサービスを購入してくれるターゲットについて、考えてみましょう。
【ターゲットを絞る秘訣】従業員とも認識が統一できる!アンケートを活用したペルソナの作り方
でターゲットの絞り方については、詳しく解説しております。

この一手間が、"判断基準に使えるイメージボード"作成の秘訣です。
上記のターゲットを絞る段階は特に大事なので、地道ですが、ぜひトライしてください!

3.作り方の流れ

まずは項目を並べよう


さあ、ここからが楽しいですよ!

  1. ターゲット
  2. ターゲットの住んでいる場所
  3. 店舗や外観、梱包資材などの見せ方
  4. イメージカラーや雰囲気
  5. ロゴのイメージ
  6. 商品のオファー
  7. ブランドの強み
  8. 提供できる未来


と、流れに沿って文字を書いてみてください。

基本は、この流れに沿って画像を貼っていくだけです。
(アナログであれば、雑誌の切り抜きなど)

画像選びのポイント

  1. ターゲット
    【ターゲットを絞る秘訣】従業員とも認識が統一できる!アンケートを活用したペルソナの作り方
    でイメージした人の外観を貼る
  1. ターゲットの住んでいる場所
    この人、こんなところに住んでいそうだなあ、という画像を探す
    (なるべく生活感のあるもの、リアルなものが良い)
  2. 店舗や外観、梱包資材などの見せ方
    理想の外観や梱包を貼る。※ターゲットが好きそうな外観も考慮
  3. イメージカラーや雰囲気
    全体のイメージカラーを決める
    配色イメージスケール等を利用し、アンケートで出てきた文言と照らし合わせると
    選びやすい。
  4. ロゴのイメージ
    高級感を強調したいなら明朝体、シンプルさを出したいならゴシック体の文字がオススメ
    こちらも、まずは置いてみて、ちぐはぐになっていないか確認する

  5. 商品のオファー
    お客様が購入する主な商品のオファー画像を載せる。
    形のないもの(サービス)などであれば、接客やお話を伺っている写真を載せる
  6. ブランドの強み
    何が強みなのか、イメージ画像を載せる
  7. 提供できる未来
    その商品やサービスを提供して、お客様がどうなるのか
    イメージを載せる

 

4.便利なツールやサービス

画像を貼り付ける場所

★オススメ:画像作成ツール
Canva(無料と有料があり)
こちらであれば、無料素材を活用してそのままイメージボードが作成できます。
サイズは、横:1000 縦:2500がオススメです。

その他、デジタルでイメージボードを作る時は、
この二つも便利です。
Googleスライド(無料で使える)
・パワーポイント

アナログでやってみたいこだわりの方には、
白い画用紙(A3)をお勧めします。

画像集め

PIXTA: 写真素材・ストックフォト | 日本最大級の画像素材サイト

Adobe Stockストック写真、ロイヤリティフリーの画像、グラフィック、ベクターおよびビデオ

有料画像素材サイト
こういうところで素材を集めておけば、
後々イメージボードにある写真をチラシで使いたい!
となった時にすぐ探せるので便利です。

※画像を集める際、著作権などの問題があるため、
 利用規約をよく読み、商用フリー画像などを使うのもオススメです。

アナログの場合は、雑誌の切り抜きや、
素材を直接貼ってみるのも楽しく分かりやすいです。

ブランドカラー決め

配色イメージスケール
を参考に、あたたかい感じなどでだいたいの色を決め、
🎨配色の見本帳 | キーカラーで選ぶ配色パターン - ホームページで作る配色
などで詳しく見てみると、
カラーの組合せ法則に従い、しっくり来るものが見つけやすいかもしれません。

ひとつ基準としては、
左:赤ちゃん / 薄くて明るい色味
真ん中あたり:若者 / はっきりして明るい色味
右:円熟した年齢 / 深く濃い色味

にするのが一般的です。

また、最近の記事でも性別で分かれる色の嗜好について
紹介しておりますので、ごらんください。
男女で違う「色の嗜好」と、「強味」を強調する色選び

最後に

イメージボードは創業期にあると、統一感を出す為の指標に使える

・イメージボードは、一度作ると
 全体が出来上がるまでの指標として便利な為
 起業したばかり、企業のリブランディングがしたい
 と思っている経営者さんにはお勧めです。

アンケートの視点を活用して、客観的な視点を持つ

・「A4」1枚アンケートを活用し
 ひと目で魅力と強みが伝わる1枚の画像を
 自分自身で作成することで、
 自社の思いと客観的な視点を自然に融合させて
 言葉だけでは伝わらない微妙な世界観の味を伝えることができます。

世界観が大切な業種(美容、ジム、飲食など)中小企業、個人事業主の方には特にお勧めなので、ぜひ一度お試しください。

※ご案内※

◆2021年6月開催のセミナー情報

6月24日(木)愛知県

第21回「A4」1枚アンケート実践勉強会inアッシュデザインのお知らせ

 

◆メルマガ登録

「A4」1枚アンケート販促アンケート

広告作成アドバイザー協会のメルマガに登録するにはこちら

最近のブログ記事

投稿日:2021.06.17
オンライン接客や販売が進む今こそ、アンケートを活用して購入プロセスの改善に取り組むことが大事

投稿日:2021.06.15
男女で違う「色の嗜好」と、「強味」を強調する色選び

投稿日:2021.06.14
2021年5月ブログアクセス数ランキングTOP10(「A4」1枚アンケートアドバイザー)

この記事を書いた人


大島やすほ

「A4」1枚アンケート アドバイザー
Apo-rea Design 代表 大島やすほ

デザイナーとして8年の経歴を持ち、
中小企業や個人事業主の方が"強み"を活かした集客が得意。事業の特色を活かしたブランディング、
ターゲット設定を行い、デザイン制作やSNS運用までを包括的にサポートしている。
Apo-rea Design Facebookページ

  • 全国の開催日程を確認をする
  • 広告作成アドバイザーの派遣を依頼する
  • 近くの広告作成アドバイザーを探す
  • 認定資格の取得を目指す

お問い合わせ窓口

ページTOPに戻る

©2017 「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

お問い合わせ窓口